トンカットアリの生命力

トンカットアリで精力増強

 

トンカットアリは、東南アジアのジャングルに自生するハーブの一種でインドシナ、ボルネオ、スマトラ、などの熱帯雨林地帯に自生しています。

 

朝鮮人参や木の根っ子みたいな形をして主に精力剤として用いられるのは根っこの部分で、
素晴らしい生命力や繁殖力を持ち古来よりその根を煎じて、勃起力アップなど精力増強や体力増強として利用してきました。

 

トンカットアリの成分はテストステロンを分泌させるモテフェロモンとも呼ばれる男性ホルモンです。
その男性ホルモンの働きが勃起力アップなど男性自身の回復や持続力アップ、精力増強に作用します。
アルギニンは男性ホルモンのテストステロンの分泌促進を促す働きがあり、
トンカットアリのアルギニンの量はマカの約2倍量の含有があるといわれていますので
勃起力アップサプリなどの精力剤の原材料としては非常に有用であることがわかります。

 

マレーシア人参とも呼ばれているトンカットアリですが最近、韓国のある研究結果でなんと朝鮮人参の5倍の効果があることが明らかになったようです。

 

、マレーシアでは、栄養ドリンクとして販売されるなど、その秘められたパワーに注目が集まっています。
滋養強壮に高い効果のあるマカやクラチャイダムよりは全体的には劣ってしまうものの、利尿作用については上回る効果を持っているといわれています。

 

マカや朝鮮人参などは、勃起力アップサプリなど滋養強壮では非常によく知られていますが、トンカットアリも栄養成分にアルギニン、ビタミンB6、亜鉛などが有効成分として含まれ勃起力アップサプリなど滋養強壮でも知られてきました。

 

ただ体質的にトンカットアリが合わない人が多いの事実です。
トンカットアリは多く服用するとお腹をこわしたり、テストステロンの分泌が多くなりすぎて「男性型脱毛症可能性がある方は「抜け毛が増える」などという報告されているようです。